お知らせ
Homeお知らせ浅草神社 月待ち講

2021.09.20

浅草神社 月待ち講

〜新月と満月に神様へ祈りと感謝を捧げましょう〜

古来より、日本人には夜空に輝く月を愛でるという慣習があります。

月待ち講とは、特定の月齢の日に仲間が集まり、飲食をともにしながら月が出るのを待ち、気持ちを静めて月を拝み、悪疫退散を願う行事です。

浅草神社では新たな試みとして、この「月待ち講」を行います。
新月・満月の夕方に神社へお集まり頂き、神様へ祈りと感謝を捧げます。
新月には社殿で大祓詞を奏上し、自身の浄化を。また、神様に誓いを立てる「種まき」をします。和紙に願いを一つ書き、御守り袋“神祈(かむねぎ)守”に入れます。
満月には、神様に感謝を願い、発表し、それについて語り合い、新月で種まきをした「収穫」を行います。晴れた日には、外に出てのお月見も予定したいと思います。

日程:令和3年 [新月] 10月6日(水)・[満月] 10月20日(水)
時間:午後5時30分より 所要時間は1時間~1時間半程度
対象:小学生以上(ご家族での参加可能)
条件:新月・満月共にご参加可能な方
人数:20名
受付方法:事前申込制(ご来社またはお電話にて)
参加費用:各回2,000円(玉串料・御守り・お菓子・飲み物代を含む)
内容
【正式参拝】(新月・満月共通)
 大祓詞奏上・巫女舞奉奏・玉串奉奠
【祈りと感謝の時間】
 新月 新たな祈りの場として目標を掲げる
 満月 掲げた目標と結果を報告し、感謝の和を広げる
    お月見をする(隅田川 等)

※授与される御守りは、月待ち講でのみお頒かちする特別なものとなります。

一覧へ戻る