浅草神社について

Home浅草神社浅草神社について

由緒

推古天皇の三十六年三月十八日のことでした。

漁師の桧前浜成・竹成兄弟が隅田川で漁労に精を出していましたが、その日に限り一匹の漁もなく網にかかるのはただ人型の像だけでした。幾たびか像を水中に投げ捨て、何度場所を変えて網を打ってもかかるのは不思議と人型の像だけなので、最後には兄弟も不思議に思い、その尊像を捧持して今の駒形から上陸し、槐(えんじゅ)の切り株に安置しました。そして、当時、郷土の文化人であった土師真中知にこの日の出来事を語り、一見を請うたところ、土師氏は、これぞ聖観世音菩薩の尊像にして自らも帰依の念心仏体であることを兄弟に告げ、諄々と功徳、おはたらきにつき説明しました。

兄弟は初めて聞く観音の現世利益仏であることを知り、何となく信心をもよおされた二人は、深く観音を念じ名号を唱え、「我らは漁師なれば、漁労なくしてはその日の生活にも困る者ゆえ、明日はよろしく大漁を得させしめ給え」と厚く祈念しました。

翌十九日に再び網を浦々に打てば、願いのごとく大漁を得ることができました。
土師真中知は間もなく剃髪して僧となり、自宅を改めて寺となし、さきの観音像を奉安して供養護持のかたわら郷民の教化に生涯を捧げたという。いわゆるこれが浅草寺の起源です。

土師真中知の没した後、間もなくその嫡子が観世音の夢告を受け、三社権現と称し上記三人を神として祀ったのが三社権現社(浅草神社)の始まりであるとされています。

これによると創建は今を去る千三百五十年程の昔ということになりますが、これは少々無理のようで、平安の末期から鎌倉にかけて権現思想が流行しだした以後、三氏の末裔が崇祖のあまり浅草発展の功労に寄与した郷土神として祀ったものであろうと推定されます。
奇しくも明治維新の神仏分離令により浅草寺との袂を分かち、明治元年に三社明神社と改められ、同6年に現在の名称に至ります。

今もなお、「三社さま」として親しまれている浅草神社ですが、元来三人の神様をお祀りしたことからそのようによばれています。


社殿について

社殿とは?

神社の建造物を総称して社殿といいます。この中には御祭神やご神体が祀られている本殿を始め、拝殿(はいでん、拝礼をする建物)、幣殿(へいでん、神様 へお供え物をする建物)、御饌殿(みけでん、神様の食事の準備をする建物)、神楽殿・舞殿(舞や神楽を奉納する建物)、祓殿(はらえでん、心身を清浄にす るためのお祓いを行う建物)などが含まれます。もちろん、これらの建造物がすべて神社にあるというわけではなく、神社の規模によって一様ではありません。

浅草神社の社殿

浅草神社の社殿は、本殿、幣殿、拝殿からなり、幣殿と拝殿が渡り廊下でつながれているいわゆる権現造りと呼ばれる建築様式で、日光の東照宮などがこれにあたります。
その他、境内内には神楽殿、神輿庫などがあります。

慶安2年
1649年
第三代徳川将軍家光公により、建立寄進された社殿は 度重なる火災や戦争、関東大震災などの被害を免れ350年たった現在も当時の面影をそのままに残しています。
昭和26年
1951年
国の重要文化財に指定され 国家の保護を受けています。
平成8年
1996年

建物全体の彩色とうるしの劣化が著しく 補修のため、工事費総額3億5千万円をかけて 塗り直しを行いました。昭和の修営から実に33年を経てよみがえった色彩 の 鮮やかさには、眼を見張るものがあります。

神社の霊獣

神社には数多くの霊獣が描かれています。ほとんどが架空の動物ですが、いずれも平和の象徴であったり人々の幸福を願う存在です。

鳳凰(ほうおう)
最も有名な霊獣の一つで、中国の古代思想における四神のひとつです。梧桐に宿り、竹の実を食し、醴泉レイセン(甘い水の泉)の水を飲んで、聖天子出生の瑞兆として出現すると伝えられています。鳳は雄、凰は雌と分けられています。

麒麟(きりん)
麒麟は中国の古代思想における四神のひとつで、某ビールのラベルにも描かれていることで有名です。その姿は体は鹿、頭は狼、尾は牛、足は馬、そして角を持つ。虫も踏まず草を折ることもない仁獣で、優れた王(為政者)が出現したときに現れると言われます。

飛龍(ひりゅう)
体が魚で翼をもつ動物。胴が短く尾びれがあります。水を司る霊獣です。その見慣れぬ体型から一番質問を受けることが多い霊獣です。

右大臣/左大臣
霊獣ではありませんが、ひな祭りでおなじみの右大臣、左大臣です。随身(ずいしん)と呼ばれ、狛犬などと同じ役割を持っています。手に持っている弓矢や剣には魔よけの意味があります。