浅草寺本尊示現会

Home浅草神社浅草寺本尊示現会

浅草寺本尊示現会(3月18日)について

浅草寺

推古天皇36年(西暦628年)3月18日の早朝、檜前浜成・竹成の兄弟が江戸浦(隅田川下流の宮戸川)で漁をしていたところ、一躰の仏像を投網の中に発見し、土師真中知がこれを拝して聖観世音菩薩の尊像であることを知り、従者と共に槐(えんじゅ)の木の切り株に尊像を安置しました。

「浅草寺本尊示現会」は、この「浅草寺縁起」に基づいた行事です。

同縁起によれば、その後一夜にして「あかざの草堂」が築かれ、10人の子供の手により尊像は草堂に安置されており、これが浅草寺の創始であると伝えられており、従って「浅草寺本尊示現会」は浅草の町の誕生を祝う行事として行われていました。

また江戸時代までは「三社祭」と一体の行事として神輿の渡御と併せて執り行われていましたが、明治維新以降は神仏分離令によって「三社祭」は5月に行われることになり、上記のような「浅草寺本尊示現会」の本来の意味が見失われがちになって参りました。私達浅草に根付く者と致しましても、この「浅草寺本尊示現会」が一層賑わうように図ることは長年の懸案となっており、平成12年「古式三社祭舟渡御」の一部として再現させることにより、広く内外に浅草の生誕の歴史を広め、ひいては浅草の町の更なる発展を目指すものとして実施されました。

平成24年は三社祭700年という記念すべき年を迎え、浅草の町を挙げて盛大に本行事を執り行いました。

本社神輿

どうぞ皆様におかれましては、浅草神社の三体の御祭神が土師真中知命・檜前浜成命・檜前竹成命であり、その御祭神が観音示現を慶祝して浅草寺本堂で観音様と対面されるという「浅草寺本尊示現会」の行事が成功裡に執行できますように今後ともご支援をお願い申しあげます。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために縮小開催
宮神輿による堂上げ、堂下げを唐櫃(からひつ)に変更して実施

浅草神社(宮司:土師幸士)と浅草神社奉賛会(会長:宮本卯之助)と一般社団法人 浅草観光連盟(会長:冨士滋美)は、慶讃:浅草寺本尊御示現 浅草神社宮神輿「堂上げ・堂下げ」の開催について熟慮の結果、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的から縮小して317日、18日に執り行います。

宮神輿による浅草寺本堂への移御は行いませんが、神事・仏事として浅草神社の御神霊を唐櫃により浅草寺本堂へ移御いたします。移御の行列も松明、太鼓、唐櫃といった最小限の構成により行います。新型コロナウイルス対策を出来る限りしたうえで、浅草寺僧侶、浅草神社神官・総代および関係者数人による最小人員にて斎行いたします

三社権現本堂堂籠之儀

令和4317日(木)

午後4時 神霊入れの儀斎行

午後4時40分 三社権現神霊移御

午後5時 浅草寺一山式衆読経

令和4318日(金)

午前9時 浅草神社宮司祝詞奏上

午前9時05分 浅草寺一山式衆読経

午前9時10分 三社権現神霊移御

午後5時 神霊返しの儀斎行

お問い合わせ

浅草神社奉賛会・浅草神社・一般社団法人 浅草観光連

浅草寺僧侶らによる読経と浅草神社宮司祝詞奏上から見られる通り、仏事と神事を同時に行うこの行事は全国的にも希であり、神仏分離以前の観音祭とも呼ばれていた三社祭を一部再現し、5月の例大祭へのプロローグでもあります。