新嘗祭

Home浅草神社新嘗祭

新嘗祭(にいなめさい)とは

新たに穀物が収穫できた事を神様に感謝するお祀りで、五穀の豊穣を祈願する『祈年祭』と相対する関係です。
天皇陛下が新穀を神々にお供えになり、陛下自らもお召し上がりになる最も重要とされる宮中祭祀で、全国の神社でも新嘗祭が行われます。

浅草神社では毎年11月23日10時より新嘗祭が斎行されます。
浅草神社で育てた稲穂をお供えし、巫女舞を奉奏し、頂いた恵みを神様に感謝申し上げます。
新嘗祭を記念し、社頭にて『新嘗祭特別御朱印』を頒布いたします。
御朱印帳は一人1冊までとなります。
また、新嘗祭にご参列頂いた方には、『新嘗祭参列特別御朱印』を頒布いたします。
新嘗祭にご参列ご希望の方は、お電話にてご予約をお取り下さい。

  • 新嘗祭へのご参列はご予約制となります。
  • お電話にて承りますので、浅草神社社務所(03-3844-1575)にお申し込みください。
  • 当日は、9時半~9時50分間に浅草神の社社務所へお越しください。
  • 玉串料として1000円を目安にお気持ちをお納め頂きます。
  • 新嘗祭参列特別御朱印をご希望の方はご朱印帳を受付の際にお出し下さい。紙の御朱印はお出ししておりませんので、ご了承下さい。
  • 御朱印帳は一人1冊までとなります。
  • 裸足での御昇殿はできませんので、必ず靴下やストッキング、足袋などを御着用下さい。