三社祭

HOME > 三社祭 > 三社祭川柳

三社祭川柳

平成29年三社祭川柳選考結果

平成29年三社祭川柳を募集したところ、多数の応募がありました。
沢山のご応募ありがとうございました。各賞の結果を発表いたします。

三社祭大賞 1点

30,000円と初代川柳メダル / 境内に掲示


一之宮賞 1点

10,000円 / 境内に掲示


二之宮賞 1点

10,000円 / 境内に掲示


三之宮賞 1点

10,000円 / 境内に掲示


秀逸賞 10点

オリジナル記念品/境内に掲示

川柳 ペンネーム
裏方に徹し三社を盛り立てる 菊地和夫
白鷺の舞で平和な国と知る だいちゃんZ!
頃合いに雷神様が運ぶ雨 酒井具視
江戸神輿五月の空を担ぎ上げ 江戸川散歩
江戸の香を三つ網ぐっとたぐり寄せ 光代
お転婆が小粋に見える三社祭 ハルル
三社祭楽しみながら生きる幸 クジラ
両さんが隣で担ぐ江戸神輿 蕎麦酔人
変わる世に変わらぬ江戸の三社祭 風まかせ
公会堂手形も拍手する神輿 保岡直樹

佳作 100点前後

境内に掲示

川柳 ペンネーム
介護の手休め三社の神輿聞く 相原あやめ
三社祭賑わいの色そこここに 石井和子
宵宮の熱に六三四も酔い痴れる 伊東一美
三社祭平和な国であればこそ 海老原順子
カレンダー三社の日だけ二重丸 北村昌𠀋
初浴衣三社祭に孫と着る 市兵衛
三社祭生きて生かされもむ神輿 八丁堀孝子
三つ網に掛かっちったの恋の花 武石つばめ
観音の祭り天まで江戸日和 鶴岡満
神々の声復興の神輿発つ 中村宏汀
三社祭江戸っ子の意気天焦がす 与作
三社祭ユーは何しに聞くは野暮 勝利
ピコ太郎三社のリズム横取りす 本間多美子
晴れの日に備え汗かく三社っ子 山田えり子
スカイツリーもう6度目の三社祭 ぴちれい
三社祭この日ばかりは江戸の風 都わすれ
君の名は。粋な姿にひとめぼれ 洋子
三社祭七百年のプレミアム 文箱
三社から描き始める江戸絵巻 汐海岬
下町に夏を呼び込むびんさざら あまけん
伝統の御輿心地の良い重さ 福多郎
損得も忖度もない三社祭 Akiki
反抗期三社祭だけついて来る おいまる
オクターブ掛け声高く美女神輿 夏之介
巫女舞を引き継ぐ子等のたのもしさ 夏之介
既読無視三社の日なら許したる ルーク
ここに住みずっとずっとの三社祭 紙飛行機
三社祭忖度なしに江戸の華 桃太郎
三社祭江戸の祭りのパスワード ふうすい
江戸のコマ三社を軸に回り出す 中年やまめ
民泊の外国人も三社祭 遅れてきた猫☆
七百年前前前世も三社祭 遅れてきた猫☆
三社祭ゴジラも見惚れ立ち止まる 遅れてきた猫☆
いつ見ても神輿の宮入り神ってる だいちゃんZ!
神ってる浅草にする三社祭 だいちゃんZ!
イヤホンを外して君とびんざさら だいちゃんZ!
江戸っ子の僕のアモーレ三社祭 山縣敏夫
浅草が神に向かってせりあがる 芝岡勘右衛門
三社祭浅草中が神ってる 風信子
画用紙をはみ出してゆく江戸神輿 逆ペリカン
「さ」と打つと「三社祭」が出るスマホ 極楽鳥
三社祭江戸っ子たちのプレミアム さごじょう
三社祭氏子の意地の見せ所 あーさまま
江戸っ子は一富士二鷹三社祭 四迷亭
高張の灯りに浮かぶ一之宮 とっち
引きこもり引きずり出した三社祭 三郎
スマホ越し「いいね!」飛びかう三社祭 内村佳保
みこし背に急いで伸ばす自撮り棒 ナンサン
インスタで伝えきれない江戸の粋 みらいむ
壁はないみんな来い来い三社祭 イヂロー
御神輿を担ぎたそうに見る仁王 すぱいす
遠くから担ぐ浅草ユーチューブ 保岡直樹
もみじの手三社祭に初参加 はますだれ
老父母は三社リズムで恋ダンス はますだれ
三社祭クールジャパンの華が咲く 日輪草
三年後三社神輿も待つ五輪 花ひらく
アモーレと言う君の名は三社様 さざなみ
伝統の祭りを残す地域力 琵琶ちゃん
立ち上がれ老いも若きも三社祭 あやめ
風雷神寝不足三日は身に堪え 笹本耕治
肩のこぶ三社祭りの置きみやげ あられ
神輿揉む女のうなじ金の汗 のらちゃん
五月晴れ三社の幟はためいて かずお
江戸っ子の意気な忖度三社祭 夢仁
練り歩く神輿百基にある願い 山崎秀雄
提灯の持つ手も熱い三社祭 はっぴぃー
三社の日早く早くでやっと来た あべっち
三社だぞ戻ってこいと母の声 やーくん
町内へ渡御で御利益お裾分け 澄海
龍に似た三社の神輿夏の声 ron
爺ちゃんの着ていた法被袖通す ねまき猫
七百年世紀を跨ぐ三社祭 角森玲子
日本の夏の呼び水三社祭 トモパパ
ありがとう三社祭のある日本 となみ
大鳳凰七百年の天を突く Akiki
ググらずにまずは来て見て三社祭 おいまる
鉢巻の初孫連れて三社祭 おいまる
悠久の流れを映すびんざさら ひなたわだ
江戸っ子がつなぐ三社の心意気 はる
月映す宮出しを待つ宮神輿 たきたき
子や孫に伝統繋ぐ三社祭 陽気爺
照準を三社に合わせ組む暮らし 中年やまめ
三社祭世界に響く和の鼓動 山内賢治
スマホ見ず神輿を見てよ三社祭 山縣敏夫
三社祭三日家出の旦那様 ロビンフッド
三日間コンビニ頼る三社祭 湘路
散っていた友が集まる三社祭 ハルル
宮入りに祭の余韻そこかしこ ひとえだ
神輿ならもまれ踏まれてまだ笑顔 あかり姫
赤子の手祖父が神輿に触れさせて チョコバンク
巫女が舞う古の神祭りたもう しゅりけん
堂々と会社を休む三社祭 夏みかん
御朱印が一際映える三社祭 内村佳保
宮出しに向かう気合の武者ぶるい アンク
浅草を世界に誇れ三社祭 一本木
浅草にたゆたう江戸の祭り笛 山路橙葉
思いきり担いでこいと休校日 保岡直樹
仲見世の人波に乗る神輿渡御 ほり・たく
伝統に創意を重ね三社祭 卑弥呼
三社祭無口の父が喋りだす ター坊ママ

ご応募ありがとうございました。またのご応募お待ちしております。

このページの先頭へ

Copyright (C) 2016 ASAKUSAJINJA. All Rights Reserved.