浅草神社

HOME > 浅草神社 > 御祈祷

七五三

 七五三をするのはなぜ?
「子供は神様からの授かりもの」と言われます。この神様とは氏神様のこと。ですから子供が産まれると、約一ヶ月で氏神様にお宮参りをして報告と感謝をします。そして、「七歳までは神の子」と言われ、生まれてから幼い間は魂がまだ、定着していません。神前で祝いの儀式を繰り返すことによって、魂を固めていくという意味があります。
何故、三・五・七歳に祝うのか?
七五三は江戸時代の武家社会において子供の成長の節目を祝う風習であり、
それぞれを
   髪置(かみおき) 三歳
   袴着(はかまぎ) 五歳
   帯解(おびとき) 七歳
と言いました。
髪置とは、
三歳の男女が頭髪をのばす儀式です。生まれてから三歳頃までは髪を剃り上げていました。
袴着とは、
五歳の男子が初めて袴をはく儀式です。袴をはくことで男としての自覚が生まれます。
帯解とは、
女子が付け帯をといて大人の帯を締める儀式です。付け帯をとり、八つ口をふさいで小袖を着せ、幅広の帯を締めます。魂を内にしっかりととどめ、身を持ち崩さぬ ようにとの願いが込められたと言います。
いずれにしても、三歳は一人歩きをはじめ、五歳はやんちゃで目が離せない、七歳は社会の仲間入り(現代では小学校入学)という、親にとっては心配な時期を七五三というめでたい数字にのせ、家族の笑顔の中で子供の成長を見守るということは、昔も今も、大切なことに変わりありません。

七五三の御祈祷に関する詳細

受付日:随時

・土日祝日は混雑が予想されます。お昼12時前後が特に混み合いますので、お時間に余裕を持って御来社ください。

・誠に恐縮ですが、御祈祷混雑時は、入場を【一家族五名】までと制限させて頂きます。予め御了承の上、御理解御協力下さいますようお願い申し上げます。

受付時間:9:00〜16:30

・予約制ではございません。皆様お揃いの上ご来社頂き、申込をされた順にご祈祷を行います。社務所内でのお待ち合わせは出来ませんので、皆様ご一緒にご来社下さい。
・神社の行事や結婚式がはいっている場合はその時間お待ち頂きます。お電話などで行事や結婚式の有無をご確認の上、ご来社ください。

祈祷時間:約15分

・混雑時はお待ち頂く場合がございます。
・大安の土日や、お昼12時前後が特に混み合います。1時間程度お待ち頂く場合もございますので、御了承ください。

祈祷料金:決まりなし

・玉串料(初穂料)とは神様にご奉納する"お気持ち"であり、決まりはございませんが、目安として1万円前後をお考えください。但し、この限りではありません。

駐車場:境内駐車 

 →【周辺地図及び車輌進入口】についてはこちらに掲載しております。

・駐車許可証を発行致しますので、必ず職員に声をお掛け下さい。無断での駐車は固くお断り致します。

・御祈祷時間のみの駐車とさせて頂きます。御祈祷が終わられましたら速やかにご移動下さい。長時間の駐車はお断り致します。

・駐車スペースに限りがございますので、駐車できない場合もあります。予め御了承下さい。

注意事項

・混雑時は何組か御一緒の御祈祷となります。御了承下さい。

・お着替えのお部屋はございません。着装の上、御来社下さい。

・御祈祷をお受けになる際、裸足での昇殿はお断りしております。必ず靴下やストッキングなどをご着用下さい。

【お問い合わせ・連絡先】

浅草神社社務所
TEL:03-3844-1575
メールフォームからのお問い合わせ

このページの先頭へ