浅草神社

HOME > 浅草神社 > 年中行事 > お焚き上げ

お焚き上げ

お焚き上げ

お焚き上げ

 新しい年を迎えるにあたり、一年間お祀りした御札や御守り、また古い神棚や注連縄そして正月飾り等を粗末にならぬよう、お受けになった神社(仏閣)また氏神様にお納めし、浄火によって燃す事を「お焚き上げ」と言います。

 これにより今までお守り頂いた神々に感謝の心を捧げ、諸願成就を改めて祈念する神事であり、我々日本人が永年培ってきた大切な風習の一つです。

 当社に於きましても古札納所を設置致しますので、環境保全、また国の重要文化財である浅草神社社殿の保護、そしてお焚き上げに携わる方の安全確保の為にも、左記事項を御確認の上、謹んでお納め願います。

お焚き上げ受付期間:年末から1月15日まで

次の物は当社では一切お預かりできません。
古札納所には絶対に入れずに、そのままお持ち帰りください。

だるま…燃やす際にその物自体が爆発する危険性があります。

熊手…燃やす際に竹の部分が爆発する危険性があります。

※露店等で購入された上記2点を含む縁起物には御神霊(おみたま)は入っておらず、お焚き上げの必要はございません。分別して、一般ゴミと一緒に処分してください。(後記の「家庭でのお清め方法」を行って頂いても構いません。)

人形…当社では人形供養を行っておりません。

不燃物…プラスチック・陶器・金属類等

上記を御確認頂きましたら、該当のお焚き上げする物を古札納所にお納め願います。

家庭でのお清め方法
1、新聞紙を広げ、その上にお清めする物を置きます。
2、次にお清めする物にお塩を左、右、左と三回かけます。
3、最後にそのまま新聞紙でくるみ、処分して下さい。

※包みとしてお持ちになりました風呂敷・紙(ビニール)袋等は必ずお持ち帰りください。
※社殿における文化財保護及び消防法に準ずる為、本年より神社境内地において火を熾す事は中止とさせて頂きました。

 何卒、我が国の古き良き風習であるお焚き上げの意義を御理解頂き、この神事が永年と継続して行えますよう、皆様の御協力を切にお願い致します。

どんど焼き(左義長)

どんど焼き

 お焚き上げとよく似た行事として左義長があります。左義長は主に正月15日を中心に行われ、小学校などでも民間行事として行われており、地域によっては「どんど焼き」「どんどん焼き」「さいき焼き」とも呼ばれています。

 平安時代に陰暦正月十五日、また十八日に御所において、毬杖と呼ばれる竹または木を三叉に組んで立て、その上に扇・短冊などを結び陰陽師がこれを焼いて厄祓いや占いをした事が始まりで、今日では、正月の松飾りなどを集めて焼き、その火で餅を焼いて食べると無病息災が得られるなどの信仰があります。

 お焚き上げ神事と左義長は本来異なるものでしたが、近年では同様に行われることが多くなりました。

このページの先頭へ