神社の豆知識

HOME > 浅草神社 > 神社の豆知識

神社の豆知識

熨斗袋(のしぶくろ)の使い方

神社で御祈祷をお受けになった際、御祈祷料をお納めになる時に使われるのが『熨斗袋(のしぶくろ)』です。
熨斗袋とは、『熨斗(のし)』や『水引』がついた袋のことです。予め印刷された物も多くあります。

 熨斗の起源は、「のしアワビ」を、贈り物として添えていたことから始まります。 元来、アワビを細く伸ばして干したもので、当時貴重な保存食であり、長寿をもたらす食べ物とされてきました。
  現在では右図のように簡略化され、アワビのかわりに黄色い紙が用いられるようになっています。現金を送る際の封筒にこの熨斗がつけられるようになりました。

 神社でお祓いを受ける際には、この熨斗袋に一定の金額を包んでお納めします。
 表書きには『初穂料』または『玉串料』などと書きます。
 水引の下に、御祈祷をお受けになる方(初宮・七五三ではお祝い児)の名前を書きます。

【熨斗(のし)】

 今ではお金を包むことが一般的になりましたが、昔は実りの秋には神さまに感謝の気持ちを込めて、その年の最初に実った稲穂を神さまにお供えしていました。
  稲穂(初穂)をご神前にお供えしたことにちなみ、神様にお供えする金銭のことを『初穂料』と表すようになりました。
  またご神前に拝礼する際に玉串(榊の小枝に紙垂を付けたもの)を奉ることから『玉串料』とも言われます。また、玉串料という表書きは、慰霊祭などの霊祭や弔事の際にも使用できます。
 その他「御供」「御神前」などがよく用いられる表書きです。

 本来は、慶事、弔事とも表書きは毛筆が原則です。お祝い事には濃い黒を、葬式などの場合は薄墨で書きます。毛筆が苦手だという方も、万年筆やボールペンでは無作法とみなされてしまいます。最低でも黒のサインペンを使って下さい。

熨斗袋は神社以外でも、慶弔時に現金を送る際に利用されますが、祝儀・不祝儀などの種類があります。水引の色や結び方、熨斗の有無で用途が変わってきます。

【祝儀袋】
【不祝儀袋】

『結び切り』という水引です。簡単にほどけないことから、使えるのは一度きりなので、挙式など何度も繰り返すのが好ましくない場合にこの袋①を使います。
水引の色は紅白ですが、五色などの水引もあります。

初宮・七五三など何度繰り返してもよい慶事には、水引は『蝶々結び』の袋②を使います。水引の色は紅白や五色など。
この他、合格祈願、厄祓、車祓などの御祈願もこちらの熨斗袋を使用するのが一般的です。
葬式などの弔事の水引は『結び切り』で、熨斗はつきません。③を使用します。水引の色は白黒・白銀・白紫などになります。
尚、葬式の時の表書きは薄墨で書きます。

※お見舞いの場合
お見舞いの場合でも祝儀袋を使います。ただし、熨斗はつけません。熨斗は長寿を祝うものですから、元々はつけるのが正しかったのですが、今では「病を『のばす』」という縁起の悪いものとして受け取られるようです。熨斗の付いてないご祝儀袋に、『お見舞い』『祈御全快』などと表書きをします。祝儀袋では抵抗があるようでしたら白い封筒などを用います。間違っても不祝儀袋を使わないように注意しましょう。

○包み方

慶事

弔事

ますます運が上がりますようにと、下側の折り返しを上にします。
袋の紙は2枚以上重ねたものを使います。祝い事が重なるようにという意味になります。
上の折り返しを上にして、目を伏せた悲しみの状態を表します。
袋の紙は不幸が重ならないようにと1枚だけです。

 

 

このページの先頭へ